消費者金融の審査に落ちた人に共通するポイントは?

消費者金融は銀行の審査と比べた場合、柔軟な対応をして貰えるなどの魅力があります。
しかし、審査に落ちた人も多数いるのが特徴です。
審査に落ちた人にはそれぞれ原因がありますが、原因の中には落ちた共通点があるのも特徴です。
消費者金融でカードローンなどの申し込みを行うと、信用情報機関が管理している個人信用情報を照会します。
個人信用情報には、氏名や勤務先などの個人情報を初め、消費者金融への申し込みの記録、過去に借金をしている、もしくは現在お金を借りているなどの情報も網羅してあります。
返済の状況なども記録が行われており、遅延をすると個人信用情報には記録が残る事になります。
個人信用情報は申し込み者が信頼出来る人物であるのか否かをチェックする事が出来る情報で、個人信用情報に問題があると審査に落ちやすくなるわけです。
消費者金融では、年収の3分の1未満までの申し込みが総量規制の中で定められているのですが、申し込み額が大きい場合も審査に通過出来ない要因の一つです。
但し、年収の3分の1未満と言っても、既に他の消費者金融からお金を借りている場合は、借金総額が差し引かれる事になり、既に上限を借り入れている場合には審査に通る事は出来ません。
審査に落ちた人の中には、こうした事実を把握せずに、数社に申し込みをしてしまい、状況を悪化させてしまうケースもあります。
個人信用情報の中には、申し込みの記録が残る、この記録が3~4社になると申し込みブラックの状態になり審査に通らない、こうした事実も把握していないと審査に通過出来ない要因にも繋がるので注意が必要です。

消費者金融ランキングはこちら